So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

2010-08-18

いつかトラヨが触れる日までブログを続けるつもりだったのですが、一旦今日で終了にすることにしました。

ずっと更新できなかったのは、時間的な余裕がないこともありますが、どちらかといえば精神的なことのほうが大きな理由だったように感じます。
最近、いろいろなことがありすぎて、落ち込んで、疲れて、夏バテで・・・。できることなら思いっきり遠くに旅立ってしまいたい心境ですが、そういうわけにはいかないのが現実です。
真面目に更新していなかったくせに、「更新がプレッシャー」なんて言いづらいのですが、落ち込んでいてもブログは気になってしまいます。「更新しなきゃ」とか「更新したい」と思っても、更新する力がでない。こういう状態でブログを続けるのは困難だと感じました。

トラヨもラミもミイも亀夫も、みな元気です。トラヨ以外のみんなは人間が大好き♪ いや、トラヨも人間のことが、多少は好きなはず!ゴハンのためとはいえ、私が帰宅すればすぐそばまで走ってきますし、人間がいない時には人間の布団や枕にスリスリして、黒い毛を布団に散らしています。近づきたいけど近づけないのは以前と変わらずです。

「野良猫でもきっと人間に慣れる」ことを伝えたくて始めたブログでした。「慣れる」ということが普通の飼い猫のように人間にスリスリして、膝に乗って、抱っこされて、ということであるならば、トラヨは、まだ慣れていない猫になります。
でも、私にとって、トラヨは随分慣れてくれたと思います。いつか「触れる」という最終形に到達するかもしれません。その時は、別の形でも、トラヨのことをみなさまにお知らせできればと思っています。


コメントを下さったみなさま、読んで下さったみなさま、これまで本当にありがとうございました。
リンクをして下さったみなさま、今後の更新予定はありませんので、恐れ入りますが、適宜リンクをはずしていただけたらと思います。どうぞよろしくお願いします。

どうぞ、お元気で!!

お花見 [その他]

今日はお花見に行った。
天気は曇り。少し寒かった。

晴れていればきっともっときれいに見えたんだろうなー。
さくら.jpg


しかし、寒いとはいえ、お花見のために人はどんどん集まる。とらきちは寒かったので、早めに退散してしまったけどね。
さくら2.jpg


花はきれい。だけど世の中は複雑で、動物も人間も生きにくい。花を見れば幸せになれる、そんな魔法があればいいのになぁ。



↓クリックしてもらえるとうれしいです♪どうぞよろしくお願いします♪
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ

とらきちの休日 [その他]

昨日は娘と一緒にポンペイ展に行ってきました。

桜木町の駅です。この写真のどこかにとらきちがいます。
桜木町.jpg


今日は朝から大掃除。掃除や片付けが嫌いなトラヨに、またまた怒られてしまいました。
掃除機嫌い.jpg


日なたでのんびりしているみいです。
みいちゃんのんびり.jpg


ラミは見つかりませんでした。どこに隠れてしまったことやら…。
こんな感じで、とらきちの連休はあっという間に終わってしまいました。また明日からがんばらねばなのです。



↓クリックしてもらえるとうれしいです♪どうぞよろしくお願いします♪
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ

近況報告 [その他]

すっかりご無沙汰してしまいました。

実はみいの体調が悪く、一時はこのまま死んでしまうかも…という状態でした。大好きなまぐろの刺身も焼きかつおも食べず、一日のほとんどを寝て過ごしていたみい。でも、今回は何とか持ち直しました。今では、よく食べ、よく遊んでいます。昨日やっと最後の薬を飲み終わり、通院も終了したところです。

でも、みいは完治したわけではないのです。トラヨやラミとは違い、病気持ちの猫。そのうちまた食欲がなくなり、病院へ行き、薬を飲ませ…なんてことを繰り返していくうちに、弱っていってしまうのだと覚悟はしています。

そうはいっても、今現在目の前にいるみいが近い将来いなくなってしまうことを考えるとやはり辛いのです。

トラヨとラミは元気です。トラヨは、最近は色々不満もあるようで、夜鳴きが多くなってしまいました。人間に甘えられないくせに、甘えたいんですよねー。それができないから何でも夜鳴きで訴えるトラヨ。そろそろ、みいやラミを見習って人間に慣れて欲しいなーと思う今日この頃です。


↓クリックしてもらえるとうれしいです♪どうぞよろしくお願いします♪
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ

お気に入り [トラヨ]

猫ベッドはすっかりトラヨのお気に入りの場所になった。人間がすぐそばで活動していても、トラヨは嫌そうな顔をしながらも、人間が立ち去るのを待っているのだ。

PAP_0005.jpg

以前だったらすぐに走ってケージの中に逃げ込んでいたのに。ちゃんと進歩するんだなあと感心してしまう。


昨日はうっかり猫ベッドにぶつかってしまった。トラヨはシャーシャー怒りながらケージの中へ逃げてしまった。その後、にゃんにゃんにゃんにゃん鳴いてから(おそらくベッドにぶつかるなと文句を言っていたんだと思う)、再び猫ベッドへ戻ってきた。

PAP_0003.jpg


猫にも性格はいろいろある。経験してきた過去もいろいろある。元野良でも余り時間をかけずに飼い猫になれる猫もいるはず。トラヨは、性格やら何やらいろいろな理由があって、なかなか飼い猫らしくはならない猫だ。それでも、なが~い時間をかけて、トラヨは少しずつ飼い猫らしくなってきている。そんなトラヨを見ていると、野生動物とは違うんだなーと改めて感じる。人間と猫は長く一緒に生きてきた歴史がある。トラヨは生まれたときから野良だったかも知れないけれど、トラヨのお母さんとか、お祖母さんとか、近い先祖は飼い猫だったはずなんだから、トラヨだって飼い猫になれないはずがない。

そんなわけで、たまにシャーシャーされるけど、トラヨと私達は、今日も仲良く(?)暮らしているのだった。



↓クリックしてもらえるとうれしいです♪どうぞよろしくお願いします♪
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ

新年ですにゃ♪ [その他]

あけましておめでとうございます


2010torayo2.jpg

トラヨは、最近になって、やっとケージ外の猫ベッドで寝てくれるようになりました。人間が部屋の中をちょっとくらいウロウロしていても、気にする様子もなくクークーと寝ています。本当はこそっと触りたいのですが、ケージの外でも安心してもらうために、猫ベッドにいるトラヨは絶対に触らないようにしています。

では、今年もよろしくお願いします[ぴかぴか(新しい)]


↓クリックしてもらえるとうれしいです♪どうぞよろしくお願いします♪
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ

加藤氏 餌やり裁判傍聴 [その他]

立川は遠かった・・・。遠かったけど、猫のため~と思って、時間作って、はるばる行ってきた。

さて、この裁判、「野良猫餌やり」ってことになっているけど、実際は被告と原告の間に積み重なってきたものが猫をきっかけに今回の裁判に発展してしまったといった感じ。
だって原告側から「猫問題以外でも問題があった」「(猫以外の問題を)言い出したらきりがない」という言葉が出たんだもの。
さらに、「加藤氏がマンションの管理規約(動物の飼育禁止)を守らない」と訴えているのに、以前コリー(おそらくシェルティー)を飼っていた人がいて、その人のことは問題にならなかったことが浮上。
ペット禁止マンションの敷地内で野良猫の世話をするのが規約違反なのに、犬を飼っている人は規約違反じゃなかったのか?

正直なところ、きちんと話し合う機会があれば、話し合う機会をお互いが努力して設けていれば、猫のことで裁判なんて起こらなかったんじゃないかという印象を受けた。猫はきっかけ。裁判で争う種がほしかったのだろう。
人間関係ってこじれちゃうとどこまでも悪くなる。他の人だったら許せてしまうことも、その人だと許せないとかね。

今回のことは、色々な問題に発展する前に、きちんと話し合えばよかったのにという感じ。
でも、第三者は何とでも言えるものであって、当事者同士はそれぞれ努力をしてきたのかもしれないし。難しいなぁ。

住民間のトラブルに猫が巻き込まれているのは事実。本当の問題は別のところにあるのに、野良猫の餌やりとか地域猫についてとか、裁判で争っても意味ないんじゃない!とらきちの願いは、猫を人間同士のトラブルに巻き込まないでほしいということ。猫に罪はないのだ。

立川往復で疲れたので今日はこれで終わります[あせあせ(飛び散る汗)]


↓クリックしてもらえるとうれしいです♪どうぞよろしくお願いします♪
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ

人間とくっついてみたいのにゃ [トラヨ]

更新をさぼっている間に、トラヨに事件があった。

トラヨは相変わらず要求のあるときは側に来てにゃごにゃご鳴くけれど、人間が手を伸ばすと逃げてしまう。けれど、実は人間とくっつきたいという願望があるらしいのだ[exclamation]

とらよ200911.jpg
人間に興味はあるのにゃよ。


それは、ある寒い夜のこと。電気を消したらトラヨが「にゃおーん、にゃおーん」と鳴いて、部屋の中をウロウロしていた。ねむーいねむーいとらきちはウトウトしながら時々「トラちゃん、寝ようよー」と応えていた。

その時である[exclamation][exclamation][exclamation]何者かが布団の上に乗ってきたのだ[exclamation]

四本足でとらきちを踏みつけながら布団の上をあるくもの・・・それはトラヨだった[exclamation]ここで動くわけには行かない。とらきちは必死で寝たふりをした。

布団の上をウロウロしたトラヨは、とらきちの足に寄りかかるようにして座り込んだ[exclamation]

そのまま30分くらい、トラヨはその場所で香箱を組んだまま動かなかった。とらきちの心臓はドキドキ[黒ハート]緊張して緊張してとても眠れない。

やがて、トラヨはすっと立ち上がってケージに戻ってしまった[あせあせ(飛び散る汗)]人間に寄り添ったまままんまるになって眠る勇気はないらしい。

でも、トラヨにしたらものすごい進歩だ。一生触れない猫かなぁと思っていたけれど、まだまだ先はわからない。
トラヨはラミやミイが人間と仲良しなのは知っているはず。きっと本当は自分も人間と仲良くなりたいんだろうな。でも、どうしても怖くて、人間を信じきることが出来ないんだよね。

トラヨ2009112.jpg
人間がもっと小さかったら怖くにゃいかもしれないにゃー♪


トラヨが人間苦手なのは用心深い性格もあるのだろうけれど、野良時代に相当酷い目にあってきたからなんだろうなと思う。私も人間。トラヨ、人間を代表して謝るよ。酷い目にあわせてごめんね。もう二度と辛い思いはさせないからね(たまにさわっちゃうかもしれないけどね)…。


お知らせです

加藤一二三氏 野良猫餌やり裁判傍聴のお願いhttp://banbihouse.blog69.fc2.com/blog-date-20091120.html
地域猫、TNR活動をされている方にとって大事な裁判です。

横浜市 動物愛護センター建設問題についてhttp://www.animal-family.org/index.php?itemid=1073
本当の愛護センター建設なら大歓迎なのですが、実際はどうなのか。37億円もかかるそうですが、通常1億円台で愛護センターはできるらしいです。大きな問題のはずなのに、この件で動いてくれているのはたった一人の市議のみ。なんとかならんのかって感じなのです。


↓クリックしてもらえるとうれしいです♪どうぞよろしくお願いします♪
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ

ナデナデ [トラヨ]

トラヨがケージからはみ出して寝ていたので、触ってしまった。
SH380007.jpg
ナデナデすると・・・。
これまでだったら「シャー」と言っていたトラヨだったが、今日は「にゃあ~」と鳴いただけだった。この声は掃除機をかける時に鳴くときの声と同じだ!
ということは、トラヨにとって人間に触られることは「とても嫌なこと」から「掃除機をかけること」程度になったらしい。(人間の勝手な解釈でトラヨの意見は聞いていない)

トラヨ、一応、少しずつ人間になじんできているようだ[黒ハート]


こちらは人間になれきっているラミ。トラヨも少しは見習ってほしいものだ…。
SH380001.jpg



↓クリックしてもらえるとうれしいです♪どうぞよろしくお願いします♪
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ

どんな時でも注目していてほしいのにゃ [トラヨ]

シロちゃんのことで頭がいっぱいだった頃、事件はおきた。

夕方、トラヨにゴハンをあげようと部屋に入ったら、部屋の真ん中にウンピがあるのだ[exclamation]

トイレに間に合わなかったとか、トイレが汚れていて使いたくなかったなどのわけがない。何か不満があるからこんなところにウンピをするのだ。

これはきっと、人間の頭がシロちゃん一色に染まっていたことへの抗議なんだと思った。いくら身の周りのお世話が今まで通りでも、人間の気持ちが他に向いてしまったいたことがトラヨにはちゃんとわかってしまっていたのだ。

でも、トラヨは相変わらずシャーシャーするし、人間が側に行くとケージに逃げてしまう猫である。それなのに、人間にはいつでも注目されていたいという気持ちはちゃんとあるのだ。それだったらもう少し他の猫(みいやラミ)みたいににゃお~んとスリスリしてくれればよいのになぁ。

DCF_0233.jpg

「シャー」は「大好き♪」ってことなのにゃ。 byトラヨ



↓クリックしてもらえるとうれしいです♪どうぞよろしくお願いします♪
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。